保育方針

あさば保育園の保育方針

健全な心身の発達を図ると共に、豊かな心情や思考力・道徳性などの芽生えを培う。

保育目標
 自分の気持ちを素直に表し、明るく・仲良く・たくましく生活する子 
 ◎明るく元気に遊ぶ子
 ◎おおらかで思いやりのある子
 ◎意欲的に取り組み、やり遂げる子

具体的保育計画
1.くつろいだ雰囲気の中で情緒を安定させ、心身共にバランスのとれた発達を図る。
2.食事・排泄・休息・衣服の着脱・挨拶・片付けなど、生活に必要な基本的習慣や態度を養う。
3.日常に必要な言葉を正しく身につけ、喜んで話したり聞いたりする態度を養う。
4.自分の考えを言葉で伝えたり、相手の考えを受け入れたりして生活や遊びを進められるようにする。
5.色々な遊びや活動に進んで参加できるように促し、意欲的・積極的に取り組もうとする態度を養う。
6.ルールある遊びを楽しむ中で、決まりの大切さに気づき、守ることが出来るようにする。
7.色々な表現活動を通して、豊かな感情や創造性の芽生えを養う。
8.散歩 その他の機会に自然に触れたり栽培をしたりし、感動体験を多くすると共に世話をする喜 びを味わえるようにする。
9.遊びや生活の中で、各年齢の子どもたちが触れ合い交流する事を大切にしながら、豊かな人間性が育つようにする。
10.運動遊具の利用や散歩の機会を多く取り入れ、体力作りや運動能力などを育てる。
11.文字や数、時間に関心を持ち、正しい文字を書けるようにし、学ぶ姿勢を養う。
12.身近な環境に自分から関わり、色々なことに興味・関心・好奇心を持てるようにする。
13.絵本や紙芝居その他を利用し、想像や創造の喜び・豊かな心情が育つようにする。
14.園全体の職員が、子どもへの共通理解の上に立った連携を心掛け、その時々の状況に適切に対応できるようにする。